2017年06月06日

インターステラー

クリストファー ノーラン監督のSFX映画
3次元の地球が壊滅的危機に瀕している時に高次元の案内で次元を超えて地球を救うという内容。

映画の中では  彼ら  という表現だが、凄く深いメッセージが隠されていた。

一度では飲み込めず二度もみたけど、時空の概念は五次元にはなくて、
過去は変えられないけど未来は変えられる。

主人公らが精一杯命をかけて地球を救う為に頑張るのだけれど、結局は高次元の存在達に上手く導かれている。

そんな映画を見て、自分を振り返る。

生まれてこのかた、色んな事を目標に掲げ、がむしゃらに自分の生きる道を切り開いてここまで来た。

しかし、果たして自力だったのか⁉️

今ある自分は自分の思った通り。

大切な家族に愛され、素敵な仲間に囲まれ、手に職をつけて、自由な時間を送れている。

本当にありがたい事。😍

今まで沢山、自分の欲は果たして来た。

しかし、これからは個のためだけではなく、全体の為に色んな事をやっていかなければいけない。

そんな事を思ったりした。

高次元の存在はそんな私の小さな心の変化も繊細に受け取りサポートしてくれている。

そういう役割、存在があるらしい。

メン イン ブラックの宇宙センターみたいな所。

昔からSF映画大好きでそんなん不思議なストーリーばかり観て来たけど、ああいう類の映画の中には高次元のシステムやメッセージを送るものがたくさんあるな。とふと考える。

自分の心の内は話さなければ他人にはわからないけど、実は細かくチェックされている。

過去も現在も。関係なく。

それが今の自分の環境や出来事を作っているとするならば、

今が満足に値する日々ならば、あなたの想いや行いは正しい。

不本意なものならば想いと行動を改めなければならない。

自分さえ良ければ。という我欲を捨てて、周りの人達が幸せになれる事を想いませんか⁉️

先ず、軸に自分をしっかり持つという事が最前提にありますが、我欲ではなく、周りの人たちがみんな幸せに魂から喜べる。

古来の日本人が持っているDNAを思い出しましょう‼️

posted by Wish! at 16:37| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック